閉じる

納入実績

記事一覧

19号館(Techno Cube)新規備品全般 2017年3月
東海大学湘南キャンパス様

東海大学湘南キャンパスに新築された19号館(愛称=Techno Cube)で使用される備品を納品させていただきました。この建物は、東海大学の建学75周年記念事業の一環で建築された新校舎で、地上10F、延べ床面積約2.8万㎡と湘南キャンパス理工系エリアの中心的な校舎となります。
主な導入備品は、1Fに新設されたCafeを含むラウンジに250インチの大型マルチモニターやアクティブラーニングで活用されるインタラクティブボードなどの視聴覚装置、80室以上の研究室向けオフィス家具や、授業で使用する理化学実験装置などの備品全般を導入させていただきました。

2017.03.10
ICT教育設備整備(全館無線LAN化・教員用iPad25台/児童用iPad90台・各教室プロジェクタ設置) 2016年11月
東海大学付属静岡翔洋小学校様

東海大学付属静岡翔洋小学校でICT機器を利用した授業を行う為に、全館無線LAN化整備と教員用iPad25台、児童用iPad90台、各教室にプロジェクタの設置を致しました。また、授業支援ソフトウェアはロイロノートスクールを納入させて頂きました。これによりお客様が望まれる「創造的な授業」を展開する為のお手伝いができたかと思っております。 なお、ICT機器を使った授業風景などは東海大学付属静岡翔洋小学校ホームページの「感動・体験紹介」にて紹介もされております。ぜひご覧ください。

2016.11.10
2015年度PCリプレイス 2015年12月
東海大学付属市原望洋高等学校様

東海大学付属市原望洋高等学校様のPC教室(実習室2)に、NEC製のPC52台とディスプレイを25台の納入を行いました。今回は、約7年前に納入しました機器の入れ替えとなり、従来の機器と比較してもスピードアップして生徒さんたちの利便性の向上が期待できます。

2015.12.10
1号館2階212教室 机・椅子リプレイス 2015年10月
学校法人関西医療学園 関西医療大学様

1号館212教室改修に伴い、フラッピングテーブル(48台)、スタッキングチェア(144台)を導入させて戴きました。キャスター付き折り畳み式フラッピングテーブルの導入により、収納のしやすさ、使用目的に応じた教室レイアウト編成が可能です。

2015.10.10
放射線治療計画用CT装置 2015年9月
東海大学医学部付属八王子病院様

東海大学医学部付属八王子病院に放射線治療計画用のCT装置を納入致しました。CT装置導入により、放射線治療計画における精度向上が図れ、患者への負担も軽減されます。 さらに、通常のCT装置としても使用できるため、検査件数の増加に繋がり、待ち時間の削減にも期待できます。

2015.09.10
タブレットPC:Surface Pro3 650台を納入。 9月より本格的な活用をスタート。 2015年10月
東海大学付属高輪台高等学校・中等部様

東海大学付属高輪台高等学校・中等部で、タブレットPCを活用した新たな授業に取り組むため、マイクロソフトSurfacePro3 650台を納入致しました。またタブレットPCの運用管理・利用範囲も検討され、ご要望に添ったインフラ環境整備も行いました。無線環境で多くの台数が同時にアクセスすることが想定され、フルノシステムズの機器を選定。タブレット対応授業支援ソフトウェアは、スカイメニュークラスを全台導入致しました。

2015.09.09
東海大学湘南キャンパス6号館固定机・椅子リプレイス 2015年3月
東海大学湘南キャンパス様

老朽化した6号館の机・椅子の入れ替えをご提案させていただきました。
3年計画の2年目となり、今年度は2階をメインに11教室、1314席のリニューアルを行い、来年度、6号館全ての入れ替えが完了する予定です。
今回のご提案では、従来の椅子に比べ椅子の座面がパット付きになり、クッション性が格段に向上したほか、立ち上がると座面が自動でゆっくり跳ね上がる機構をご採用いただき、起立・着席がゆったりと快適に行えるようになりました。
また、机・椅子のリニューアルにあわせ、床の張替え、照明器具の交換も行い、ユニバーサルデザインの思想に基づいた人に優しい教室に生まれ変わりました。

2015.03.10
新展示『富士山の自然』2015年1月1日オープン 2015年1月
東海大学自然史博物館様

自然史博物館では、昨年度(2013年)7月に1階展示室の一部を改修して、『静岡県の自然』という展示室をオープンしました。この改修は、2年計画での完成を予定し、今年度に富士山の展示などを増設する計画で企画されました。自然史博物館では2014年12月から1ヶ月間休館し、『富士山の自然』の展示作業を実施しました。 世界文化遺産に登録された富士山の自然に関する展示の他に、上流から下流にかけての川の流れの違いに焦点を当てた「清流の自然」や、そこに生きる生物たちの生体展示なども新しく追加されています。 今回の改修では、学習情報をお伝えする展示だけでなく、エントランスホールやミュージアムショップ、またエレベーターの利用開放など、皆さんが学習して行く上で、博物館の使い勝手を上げるための工事も多くなされています。ぜひ、この使いやすくなった自然史博物館と新しくなった富士山の自然の展示を存分にお楽しみください。

2015.01.10
マイクロ・ナノ研究開発センター新設 2015年1月16日開所式 2015年1月
東海大学湘南キャンパス 社会連携イノベーションセンター様

「高分子超薄膜から創生する次世代医用技術」の研究・開発を目的とした研究施設が完成しました。 今回当社ではドラフトチャンバーやミューコーターといった理化学関連の備品の納入に加え、専門性の高い特殊研究環境(クリーンルーム・恒温恒湿室等)を導入させていただきました。 これにより今後は学部学科の枠を超えた医理工連携ネットワークを構築することで全学的規模の異分野融合研究に役立てていただけると期待しております。 また、日常的に研究交流が行えるコミュニケーションスペースも整備し、研究者同士の情報交換を促し、オープンな交流会や講演会等を定期的に開催できるスペースが完成しました。セミナーなどの 開催が見込まれるエリアには、フレキシブルに移動が可能な備品を選定するとともに、限られたスペースでの動線確保やユーザビリティを考慮したプランニングを展開し、多方面での活用に対応できるソリューションを御提案させていただきました。

2015.01.08
第18号館竣工に伴い什器及びAV機器を納品しました。 2014年3月
東海大学湘南キャンパス様

2013年度湘南校舎に新設されるにあたり、教室への機器・備品を設置致しました。1階には2種類のコンピュータ室と、先輩が後輩の学習を見る為のラーニングスペースに様々なレイアウトが可能な家具を導入しました。2階から4階の学生実験室フロアには実験台とドラフトチャンバーを導入しました。5階から8階の研究室フロアはガラスを多用した空間になっており、各学科イメージカラーを採用した親しみやすいカラーコーディネートで先生と学生が様々なコミュニケーションを図りやすい空間を演出しております。

2014.03.10